会社概要

巴染工は、岩手県盛岡市で100年以上の歴史を誇る染物屋です。積み重ねてきた職人の確かな技術をベースに、デザインから染め、縫製までを自社工場で一貫生産することができます。
伝統的な染物はもちろん、現代の感性にフィットする最新技術を駆使した染物まで、あらゆるニーズにお応えできるのが、私たちの強みであり、誇り。
日本の伝統美を受け継ぎながら、新しい染物の領域を開拓する様々なチャレンジを続けています。

社名
巴染工株式会社
TOMOE SENKO Co., Ltd
事業所
〒020-0885 岩手県盛岡市紺屋町5-32
TEL 019-622-5334
FAX 019-622-5310
代表者
代表取締役社長 東條 誠
創業
1908年
事業内容
旗 幕 幟 暖簾 風呂敷 タペストリー 神社仏閣幕 
販促用バナー 半纏 手拭 ゆかた タオル Tシャツ 等
従業員数
31名(令和元年7月現在)
資格等
(株)日本防炎協会の防炎加工認定工場

経営理念

私たちは、日本の伝統文化である 染の技術を提供し価値ある印を咲かせます

わが社の染の技術とは、会社(経営)・店舗(営業)・工場(製造)の全てが輪になって一つの製品を生むことです。その技術である印染製品を提供することで、その地域が賑わい・繁栄していくことです。

私たちは、幸せな社会を築くため
世界中の人々に日本の美を咲かせます

わが社は、衣・食・住である生活の最も基礎となる条件全てに必要とされた仕事を担っています。食・住は人間以外の動物全てが行いますが、衣は人間のみが行ってきた様式であります。食では、布で食べ物を漉し、食器洗いや手を拭く事にも使われます。住では防寒や日除け・のれんやカーテンなどあらゆる住に関わります。そして、衣は体を守り、美を求める人間のみが衣を身につけます。わが社は日本の衣・食・住を世界に広めていくことで幸せな社会を築いて参ります。

私たちは、満足人生を創造するため
社員と共に愛と夢を咲かせます

満足人生とは、社員の家庭や家族が幸せになり、やりがいのあるわが社の仕事を通じて、充実した人生を送ることが出来ること。そのために、みんなで力を合わせ愛情とワクワク楽しい夢の実現をします。

屋号について

当家2代目新太郎のとき、商人(生糸・糸の売買)・機(はた)屋・染物屋(糸染)の三者で「三ッ巴」になって商売に精を出し、基礎を築きました。いわゆるそのときの意気込みを後世にと「巴」を屋号として残し今日に至っております。

巴染工
本社/第1工場
gallery

本社/第1工場・gallery

〒020-0885 岩手県盛岡市紺屋町5-32

・半自動捺染台(長さ11m)………………………………………
1台
・捺染台(長さ8m)………………………………………
2台
・ダイレクト製版機………………………………………
1台
・Tシャツプレス機………………………………………
1台
・手拭注染台………………………………………
2台
・ジッカー………………………………………
1台
・水洗機ワッシャー………………………………………
3台
・連続スチーマー………………………………………
1台
・アイロナー………………………………………
1台
第2工場

第2工場

〒020-0885 岩手県盛岡市紺屋町6-30

・両面転写機(1600×3000)………………………………………
1台
南大通BASE
南大通BASE
南大通BASE

南大通BASE

〒020-0874 岩手県盛岡市南大通1-10-24

・本縫ミシン………………………………………
9台
・全自動チチ付けミシン………………………………………
2台
・特殊ミシン………………………………………
2台
・ボタンホールミシン………………………………………
1台
・全自動ハトメ………………………………………
3台
・連続ヒートカッター………………………………………
3台
・大型インクジェットプリンター………………………………………
9台
・転写機………………………………………
2台
・発色機………………………………………
2台

アクセス

本社/第1工場・gallery

〒020-0885 岩手県盛岡市紺屋町5-32

第2工場

〒020-0885 岩手県盛岡市紺屋町6-30

南大通BASE

〒020-0874 岩手県盛岡市南大通1-10-24

巴染工マップ