私達の仕事 注染 ちゅうせん

注染ちゅうせん

細やかな色合いやぼかし、にじみも美しく表現。
使い込むほどに風合いが増し、生地に柔らかさが生まれます。

手ぬぐいや浴衣などは、注染(ちゅうせん)という日本独自の伝統技法によって染められます。これは、一反(約11メートル)の生地を畳みながら糊を型付けし、染料を上から注ぎ込み、下からバキュームで吸い込んで染め上げる技法。片面プリントと違い、糸自体を染め上げるので表・裏がありません。

型紙作りに始まり、糊付け、型付け、染め、水洗、乾燥まで、注染には複雑な工程がありますが、糊の調合と糊付けは最も気を使うプロセスです。使用する染料や生地の種類、柄の細かさ、その日の気温・湿度を考慮しながら、防染糊を調合。型紙・染色・水洗のすべてに影響するため、職人の経験と勘が物をいいます。

熟練の職人だからこそ表現できる絶妙なぼかしやにじみなど、何とも言えない風合いが注染の魅力。伝統的なこの技法を、明治創業時から守り抜いているのは、岩手県では巴染工だけ。東北でもわずか3社のみが行える、高度な技法です。

注染 ちゅうせん
注染 ちゅうせん
注染 ちゅうせん

型枠に型紙を張り、糊付けを行います。印に合わせて生地を置いて型付けをし、生地と糊を交互に重ねていき、これを繰り返します。

注染 ちゅうせん

型付けした糊がずれないように型付け台から剝がし取り、表裏におが屑をふりかけ、ベタつかないようにします。

注染 ちゅうせん

生地をバキューム台に乗せ、二色以上の色を使って染める場合は差し分けの準備などを行い、用意した染料を「やかん」を使って注いでいきます。

注染 ちゅうせん
注染 ちゅうせん
注染 ちゅうせん
注染 ちゅうせん

注ぎ方には繊細な技術と集中力が必要です。
染料をバキュームして生地全体に染料を吸収させます。これを裏返し、両面から同じ作業を繰り返し、全体の濃度を一定にします。

注染 ちゅうせん

染め上がった生地を水槽に入れて全体をほぐし、ふり洗いで糊を落としていきます。

注染 ちゅうせん

きれいに糊が落とされ、完全に発色が済んだ生地はまとめて脱水、乾燥します。

 

製品品目

手拭・ゆかた・アパレル製品

使用生地

文晒・岡晒・特岡晒